川名操体治療室での治療ってどういう感じ?
考え方や特徴についてお伝えします。
講習会について 日程等をお知らせします ひとりで体操法 喜びのお客様の声

施術内容

健康気ワード

症例集

医療室ブログ「症例集」様々な症例と日々の施術の様子を書いていきます。 旧ブログはコチラ>>
(エキサイトブログに移動します。)

リンク集
FaceBook Twitter

操体・整体バランスのとれた姿勢から 疲れにくく しなやかな動きへより洗練されたパフォーマンスを身につけるために鍼灸:生命力 自然治癒力 免疫力を高めるために。ホルモンバランスや 血液循環を調整するために。

人体のエネルギーの流れ求心性遠心性

川名操体治療室での治療・ 1

川名操体治療室での治療は、まずじっくりお話しを伺うことから始めます。
からだの気になる点や、いつからその症状なのか、どんな経緯でそうなったのか等お話しの中から探っていきます。

そして姿勢と動きのチェックをし、内蔵や自律神経系のバランスをチェックします。
そうすることで東洋学的な観点や西洋学的な観点などいろんな角度から症状を分析することができ、大元の原因を探ることで表面的な治療ではなくからだの根本から改善していきます。

※詳しくは「治療の流れ」を参照

川名操体治療室での治療・ 2

大元の原因が分かったら、今のご自身にあった組み立てを考えて、からだを調整していきます。

調整の方法としては、ご自身が動いていく操体法、他動的な施術がメインの整体(身体均整法)を中心に、必要に応じ鍼灸が加わるといった形になります。

※詳しい施術内容は「操体・整体・鍼灸」を参照

川名操体治療室での治療・ 3

操体法・整体(身体均整法)・鍼灸といった施術の他に、心がけたい食事や姿勢・動作のアドバイスもいたします。
ご自身が日常生活を送るにあたって工夫していくことで施術の効果が持続しやくより短期間でからだの具合が改善することができます。

ただ、夜遅くまでの仕事や、仕事の付き合いなどで不規則になりやすい食生活、ストレスの溜まりやすい環境など、全てを自分でコントロールできることばかりではないのも現実ではないでしょうか?

そこで、出来る限り生活の工夫を心掛けていただいて、足りないところや気がつきにくいところを定期的に治療室で調整していくという付き合い方をご提案しています。川名操体治療室での治療・ 3 川名操体治療室での治療・ 3





痛みが消えたらもう治療室とのお付き合いは終わり、保険もきかないから出費もバカにならないし、あとは自分でなんとかします。

これが多くの人の本音でしょう。
わたしも以前はそう思っていました。
自分でできる操体法に魅力を感じたのもそんな思いがあったからです。

でもじぶんのからだを観察したり調整するのは意外と難しいのです。
まず、外から観察できない。自分の背中がどうなっているのかさえ見えないんですよね。

それに、自分では作りにくい動きがある。
それは圧迫方向と、牽引方向です。
これは外力との関係性から生まれる動きですから。

ですから、一人でやるには高度な身体操作が必要です。
そして、この方向が調整効果がとても高いのです。

自分自身でからだをコントロールする調整法をだんだんに覚えていきなおかつじぶんでは出来ないこと、気が付きにくいことがありますから軌道修正も兼ねて定期的にからだをメンテナンスするために治療室に通う。

私は、そんな息の長いお付き合いが出来たらいいなと思っています。
このページのトップへ