症例集「は」
講習会について 日程等をお知らせします ひとりで体操法 喜びのお客様の声

施術内容

健康気ワード

症例集

医療室ブログ「症例集」様々な症例と日々の施術の様子を書いていきます。 旧ブログはコチラ>>
(エキサイトブログに移動します。)

リンク集
FaceBook Twitter

症例集「は」行

・膝(ひざ)痛 ・冷え性(ひえしょう)

膝痛

患者様:40代男性
ご職業:

症状:左膝が痛んでいる40代の男性の方です。
はじめは膝の外側が主に痛かったのですが、調整を続けているうちに内側の方に症状が移ってきました。

診断:
膝というのは上下で股関節、足関節という大きな関節に挟まれていますから単独で故障するというよりバランスの調整役としてのストレスが原因のことが多いのです。

この方の場合も元々腰痛もありましたし、両方の足部とも骨折などの経験もありました。
又歯のほうも左下奥歯を矯正中というのも影響していると思われます。

病院でレントゲンを撮ったところ変形性膝関節症のごく初期と診断されたそうです。
ということは関節部に骨棘が形成されはじめているということですから時間をかけて症状が作られたということを表しています。

胸椎の5番から8番あたりまでが特に緊張していますがこれは内臓の緊張も影響していると思われます。

相関関係から膝と肘は構造的に近いですし、肘と同じ高さの体幹でいうところの季肋部(肋骨下縁の部分)も膝の変位と関係あり、内臓にも影響があるわけです。
(もちろんどちらが先かは判りませんが)

アドバイス:
調整としては操体法の基本型としてうつ伏せで行うカエル足というのが有効でした。

顔は正面を向けたまま右股関節を曲げ、膝を胸の方に引き上げる形ですが、コツは膝を伸ばしたままの左足の足部踵を突き出すようにして膝裏を気持ちよく伸ばすことでしょうか、これはご自分でも出来る形ですので家でもやるようにお伝えしました。

また仙腸関節、腰椎の調整としては横臥位、正捻転の形(骨盤が前に倒れ、上になった肩が後ろに倒れる形)が辛かったのでそこからラクな方向へ逃げていく形が有効でした。

私が上になっている方の足を支持固定してご自分で骨盤をラクなほうへ(後方へ)動かすのですがこの形がまさに均整法の腰痛調整の型の一つと同じになるのです。

均整法のきちんとした観察法と、調整法が操体法的の操法としても有効な良い症例といえると思います。

また先に書いた内臓の緊張は体幹深部の冷えも影響すると考えられますので触圧刺激でリンパ循環の調整も計りました。

時間をかけて作られた症状の調整とは時計を巻き戻すように時間をかけて症状を変化させながら改善して行きます。

安静にすることはなくとも、運動をしながら無理をしすぎず根気よく調整していきましょうね。

このページのトップへ

冷え性

患者様:40代女性
ご職業:

症状:症状としては、日常生活に支障がでるような、腰痛や肩こりなどの痛みがあるわけではありませんが、疲れやすい、冷え性 消化器系が弱いけれどつい食べ過ぎてしまう。などです。

診断:
お仕事は調理関係で立ち仕事、水仕事が多いそうです。
怪我歴は小さいとき自転車の後ろに乗っていてタイヤのスポークに左踵を巻き込まれて踵の外側に傷が残っています。

ですから、立位で片足を前に踏み込んだときアキレス腱の伸びがやはり左右で違っています。
また、脇の下や肩甲骨の内側を触れるととてもくすぐったく感じます。
このような知覚過敏は自律神経のアンバランスを表していると考えられます。

こうした、動きの違いや、感覚を観察点にしてバランスの指標にすると、自己調整がやりやすくなるんですね。

からだが比較的柔らかく調整の刺激も通りやすく変化しやすいのですが持続力が乏しく元に戻りやすいのがこのような方の特徴です。

ですからこのようなタイプの方こそ、操体法などで、ご自分を調整する知恵を持って、体調をコントロールすることが大切になってきますよね。

そして、ご自分で手の届きにくいところを重点的に治療室では調整していけばよいわけです。

アドバイス:
このタイプは捻れが出やすいので腰椎2番と3番の間を整えることがポイントです。
(位置はおへそのすこし上の裏側と思ってください)

ご自分で調整するときも効かせどころをイメージして丁寧にからだの感覚を観察しながらやってみてくださいね。

前回はセルフケアとして仰向けで、右手を万歳して、右膝を曲げ踵をお尻のほうまでつけるようにして太股の前を伸ばす型をお伝えしました。

この型の効果はまず肝臓を元気づけること、そして太股の前面を伸ばすことで骨盤調整にもなりますし、大腸、小腸にも良い刺激がいくと考えられます。

これを 気持ちよくからだを伸ばして、やってみてください。

このページのトップへ