BLOG「食・息・動・想2」
講習会について 日程等をお知らせします ひとりで体操法 喜びのお客様の声

施術内容

健康気ワード

症例集

医療室ブログ「症例集」様々な症例と日々の施術の様子を書いていきます。 旧ブログはコチラ>>
(エキサイトブログに移動します。)

ブログカテゴリ

アーカイブス

リンク集
FaceBook Twitter

2018.1.16 治療室講習会 2018年前期(臨床家向け12回コース)始まりました。

1/11(木)治療室講習会(臨床家向け)2018年前期 第1回行いました。



治療室講習会(臨床家向け)は12回コースで今回は1月から6月まで月2回行うものです。
臨床家向けとうたっていますが、参加条件として、特に資格の有無等は問いません。
からだについて興味があり、操体法を通じてもっといろいろ知りたい、体験したい方、向けに行っています。
もちろん、現在のお仕事や将来に生かすため、スキルアップを目指している方も大歓迎です。

講習会ページ

感覚重視で、とらえどころの難しい『操体法』ですが、からだの仕組みをうまく使ったものです。
健康法にとどまらず、臨床に使えるもの 結果の出せる調整法を身に着けることが、この講習会の目的です。
そこで、毎回全体のテーマを設けています。
2018年今年のテーマは、
『 5つのパターンでからだを見切ってみよう!』
です。

東洋医学の五臓の捉え方と西洋医学から解釈した自律神経系のバランスコンディション。
二つの観点の融合にチャレンジします。
目標をはっきりさせて、確実なスキルアップを目指します。



今回は、初回でした。
操体法だけでなくく、動きを使った調整法の刺激の伝わり方、仕組みについてお話ししました。
機能神経学的なおはなしですが、

①気持ち良い、心地よいという情動が自律神経系回路に影響を与え脈拍や呼吸に変化を与えるルート。

②穏やかな等尺性収縮の刺激が筋肉の緊張を緩める仕組み

③筋肉だけでなく靭帯への刺激が、筋肉の緊張調整に影響を与える仕組み

④主動作筋と拮抗筋のバランス調整の仕組み

⑤脊髄反射だけでなく、大脳皮質が関与している半球間抑制システムについて


最低、この5つの仕組みが同時多発的に、発動しているはずです。
(実際はもっと複雑なはず、、)

ですから、今どの仕組みにターゲットを絞って、どういう刺激をどこに与えようとしているのか、
そんなシナリオが描けるようにするのが臨床に向けての練習課題です。

とりあえず、この5つの仕組みを武器に、これから操体法をつかってからだを操ってみてみましょう!

次回からは、いよいよ5つのパターンのお話しをしていきます。
お楽しみに!


雑誌「うかたま」
操体法記事 連載開始


治療室への調整予約 セミナー申し込み お問い合わせはこちらへ

2018.1.13 年始ご挨拶 ネパール旅行ご報告

今年最初の治療室ブログです。

川名操体治療室は今年 開業16年目です。
今年も、皆さんの”健やかで快適なからだのコンディション作りのお手伝い”張り切っていきたいと思います。
本年も宜しくお願い致します。

セルフケアのアイデアも日々更新、進化しています。お楽しみに〜

さて、わたしは年末年始 初めてのネパール旅行に行ってきました。




この旅行の大きな目的の一つはボン教寺院(カトマンズにあるティティン・ノブッツェ・ボン教僧院)を訪れて瞑想したり、ラマのお話しを聞くことでした。



日本では、なじみの薄いボン教は。チベット仏教と同じような語彙で教えを説いていて、違いが分かりにくい部分もあります。けれど、歴史は仏教より古く、ツールはもっと西域の方です。(文化的にはチベット)
そして一番の違いは、最高の教えとされるゾクチェンでしょう。心の本性にとどまる瞑想を通して目指す境地は、他の瞑想法とは別の次元のものです。

この旅行を企画して、私たちに貴重な体験をさせてくださった、箱寺先生に感謝いたします。


高僧ヨンジン・リンポチェと箱寺先生

箱寺先生のホームページ 『箱寺先生の小さな瞑想教室』









チベットやネパールのお寺のことを知らなくとも こんな風景の写真はどこかで見たことがある方も多いいともいます。
バックの旗は、タルチョーといって、五色の祈祷旗で、寺院や峠、端に見られ仏法が風に乗って拡がるよう願いが込められているものです。
チベットにおける仏教伝来以前のボン教の時代からの伝統の祈祷の旗です。

色々なデザインがあるようですが、、馬が描かれているものを「ルンタ」といいます。




旗ではなく、紙に印刷したお札は、本来願い事とともに空に撒くものです。



魔除けと祈りのお札「ルンタ」
ルン=風 タ=馬

お札の中央には「風」「速さ」を象徴する馬が描かれています。これは、願いごとが早く成就することを意味します。
ルンタは、主に青、白、赤、緑、黄の5色を用いて青が「水」、白が「空」、赤が「火」、緑が「風」、黄が「地」の五大元素を象徴しています。
周りには、四神(虎、麒麟、鳳凰、龍)も描かれています。
(このお札は、ティティン・ノブッツェ・ボン教僧院ボン教寺院で入手しました。)

治療室では、この歴史のあるお札「ルンタ」を治療室に来てくださった方にお配りしています。
縁起物、お守りとしてお役立て頂ければ  幸いです。




雑誌「うかたま」
操体法記事 連載開始




治療室への調整予約 セミナー申し込み お問い合わせはこちらへ

2017.12.26 年末年始の営業のお知らせ 1月営業のお知らせ

今年一年 当治療室をご利用くださいましてありがとうございました。
来年も より皆さんの健やかな生活のお手伝いとして からだの調整やセルフケアのアドバイスを行っていきますので、よろしくお願い致します。



ピンク 休日
・年末営業最終日 12/27(水)(新規予約締め切りました)
・年末年始休業日 12/28(木)〜1/3(水)
・年始営業開始日 1/4(木)



1月は、操体法講習会(臨床家むけ)2018年前期がスタートします。
新しいプログラムを用意して、より実践的な内容にしていくつもりです。

また、1月末ごろには リニューアルしたホームページを公開する予定です。
バージョンアップした、お役立ち健康情報を発進していきます。
どうぞ、お楽しみに!

それでは、少し早いですが、皆さん良い年をおむかえくださいね!

治療室への調整予約 セミナー申し込み お問い合わせはこちらへ

このページのトップへ