ひとりで操体法(始める前に)
講習会について 日程等をお知らせします ひとりで体操法 喜びのお客様の声

施術内容

健康気ワード

症例集

医療室ブログ「症例集」様々な症例と日々の施術の様子を書いていきます。 旧ブログはコチラ>>
(エキサイトブログに移動します。)

リンク集
FaceBook Twitter
  • ひとりで体操法:始める前に
  • ひとりで体操法:基本編

始める前に

操体法(そうたいほう)は自分の感覚を指標にして行うからだの調整法です。
痛みや違和感のあることはやらないで、ラクなほう、気持ちの良い方向、快さを捜してからだを運んでいきます。

からだが元々持っている治す力、自然治癒力を最大限に引き出す方法なんですね、
ただいきなり気持ちいい方に動いてと言われても戸惑われる方もいるのではないでしょうか?

普段自分の感覚を観察する習慣がないとなかなか入り口が難しいかもしれませんね、でも大丈夫あなたの頭は判らなくとも、からだはちゃんと答えを知っています。

そこで操体法超初心者のあなた、いえもう操体法のファンだというあなたにも日常の習慣として組み込めるようひとりで出来る操体法の基本の型をお伝えします。

基本の型ですからもうこれ以上削れない核のようなスタイルです。
基本の型ですからここから無限に応用がききます。
型ですから最低限の決め事があります。

制約をつくることによってこの動きを行うことの目的、意味を探ってもらえたらと思います。
この先はどうぞご自由にご自分なりに感じ取って工夫してくださいね。

あなたの操体法の世界を広げるたたき台に使ってください。

始める前に

どこが辛いのか、自分が気になるところ、改善したいところをイメージ(想定)してやると、効果を出しやすいし、効果を確認しやすい、すると毎日の積み重ねでからだの変化が実感しやすい→面白い→やる気が出る→毎日やる→効果が持続するというよい循環ができます!

いつやったらいいのか

寝る前や朝起きる前に行うと効果的です。
出来ればからだがあまり沈まない固めのマットや床の上で行うといいでしょう。

前後で控えた方がいいこと

入浴直前、直後の飲酒、刺激が消えてしまいやすいです。
生理中は大丈夫です。

ひとりで操体法:基本編    
このページのトップへ