2022/03/29
講習会

【骨盤底筋バランス体操】3月オンラインセミナーレポート 



毎月隔週日曜日の朝開催しているオンライン朝活操体法セミナー
もともと骨盤調整をテーマにしていましたが、
2022年からは、より的を絞って 骨盤底筋にフォーカスしてお伝えしてます。


【なぜ 骨盤底筋なのか】
骨盤底筋とは、
その名の通り 骨盤の下の部分 左右の坐骨と前面にある恥骨に挟めれた
エリアにある細かい複数の筋肉の総称、筋肉群です。
骨盤の底にあり、ハンモックのように内臓などの器官を下支えしています。

ただ、そこには、肛門 尿道口 女性の場合膣が開口していて、構造的に弱い部分があります。

出産によるダメージ、更年期以降の筋力の低下、姿勢性の内臓下垂などの影響で
頻尿 尿漏れ、子宮脱などの骨盤臓器脱 性機能障害
骨盤の中にある慢性的な痛み
 痔、便秘 肩こり 頭痛 など様々な不調の原因となりやすいところです。

また、特に日本では、社会的に文化的に骨盤底筋周囲をデリケートゾーンとして
おおっぴらに話題にすることは、恥ずかしいこと、触れてはいけないところとされてきました。
自分のからだの大切なエリアですが、いままでしっかりケアしにくかったところ、
しようと意識しにくかったところに着目してより快適なコンディションを目指します。




日本女性 20代から60代 40,000人 に聞く、UI(尿もれ)実態大規模調査
20代 以上の2人に1人以上 が、UI(尿もれ)を経験
実は、年令だけではない!どの世代も6割前後の経験率    


尿漏れなどは、けっして特別なことではないんですね。


【セミナーの目標】
①足底でしっかり床を踏めるようにする。
②横隔膜を円滑に働かせる。
③PFMを確実に動かす。
pelvic floor muscles>>骨盤底筋群


ターゲットの骨盤底筋ですが、単独で動くことはありません、
特に横隔膜とはユニットとして連携して働きます。

横隔膜は 
呼気で肺の容量が減り ドームが引き上がり
吸気で 肺の容量が増えドームが引き下がります

骨盤底筋もこれに連動して
呼気で 引きあがり
吸気で 引き下がります。

ただ説明されても実際動けているのか分かりにくかったら
イメージしにくい感覚ですよね。

そこで、またまた川名が小道具を見つけてきました!





トイレの掃除道具ですが、膜構造のドームの引きあがり 引き下がりのビジュアルイメージが描きやすいのではないでしょうか?

それから膜構造のイメージとしてもう少し3次元にイメージできるよう
折り紙も使って解説しました。



また、今回はトピックスとして 骨盤底筋と舌骨を関連させた調整法もご紹介しました。











皆さんご参加ありがとうございました。(3/27 集合写真)




【ネット回数券作りました】
価格 10,000円 (1回参加費 1,200円)
お申込みはこちらから 回数券申し込みページ

・使用回数 11回分

・有効期限 1年間

・ご使用回数の管理は別途 googleスプレッドシート機能を使って共有していきます。

   実際のご予約は、LINEまたはホームページお問い合わせフォームからお願いいたします。

・特典 LINE公式アカウントへの登録で質問し放題

   こちらはgoogleスプレッドシートを使用して情報共有管理いたします)






【4月オンライン朝活操体法セミナー 骨盤底筋バランス体操 のお知らせ】


4月は、骨盤底筋と手首の関係をお話します。調整法ももちろん手首と関連させます。
どうぞ、お楽しみに!


川名操体治療室がお伝えする操体法は
「わかって 感じる」
がコンセプトです。

ご自分のからだの仕組みをできるだけ知って
より具体的なイメージをもって
上手にからだと付き合っていきましょう!

もうひとつ川名が大切にしていることは
「みんなで元気になる」 
です。
あなたの元気が、きっと隣の人の元気にも繋がります。

ぜひ 一緒に操体法で元気になりましょう!

詳しくは

をご確認ください。

#操体法
#骨盤底筋
#朝活操体法セミナー
#尿漏れ