2019/02/09
操体法

ひとりで操体法 基本操法【うつ伏せ カエル足】


(1)観察>調整ポイントを決める
うつ伏せ 
1、左右首を向けて 、やりやすいほうを確認(足はのばしたまま)

2、股関節を曲げて、膝をわきのほうへ引き上げる動きをして、左右やりやすいほうを確認(首はまっすぐ)

3、2の足がラクなポジションの時、首がラクな方向を再度確認、ラクな方向に向けておく(この時1と向きが逆になる場合もある)




(2)操体(調整)
1、うつ伏せ 足を延ばした状態からラクな方の足、股関節を曲げ膝を脇のほうへ引き上げる。
  この場合(1)の観察で確認した、右足の付け根の張りと同じ場所(左足)に力が入る位置まで引き上げる。

2、曲げた足の膝の内側でベットを軽く押す。
・暫くその姿勢を維持(3~5秒)
・ストンと脱力 ゆったりと一息深呼吸をしましょう。

*できれば2~3回繰り返す。



(3)確認
調整をする前と後のからだの変化を評価する。

痛いか痛くないかの評価だと、変化は分かりにくいです。

すこしでも、からだが変化したら第一ステップクリアと思ってください。